Gil-Martinの部屋

Gil-Martinの愛する音楽、感じたことなどなど

***当ブログに掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します***
<< わたしだけの神さまは悪魔? | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
無政府の暗殺者たち

なぜこのバンド、Statelessを今まで知らなかったのでしょうか? なぜこのバンドはまだそれほど売れてないのでしょうか?

というのがわたしの感想です。しかし、わたしが強力にプッシュしているMy Brightest Diamondもそれほど売れてませんけど。本当にどうしてかわかりません。彼女の音楽的才能は、これほど素晴らしいのに。

今日の記事のバンドStatelessは、My Brightest Diamondのおかげで知ったバンドです。Shara Wordenを招いてのデュエットが2011年2月発表のアルバム、Matildaに入ってます。素晴らしい出来です。Sharaの歌声がこの世のものとも思えません。デリケートでいて力強く、切なくも大胆で。ぜひご一聴を

また、このアルバムのなかには、My Brightest Diamondの"Something of an End"の一部を使用した曲もあり(それが今回紹介する、"Assassinations")、どうやら今回、StatelessはShara Wordenと強い結びつきを持った様子。

こちらがStatelessの "Assassinations"こちらがMy Brightest Diamondの "Something of an End"

彼らの音はどうやらRadiohead, Massive Attack, Coldplayなんかと較べられてます。ということは、もうお分かりですね、ボーカルがファルセットで歌うことがある、ってことです。それだけの理由です、ほとんどの場合、RadioheadとColdplayと較べられるのは。もう一つの理由は、イギリスのバンドだから? 2003年結成のリーズ出身のバンドで、それほど美しくもなければ、それほどオシャレでもなく、かと言って、ひどく醜くもなく、という人たちです。しかしMassive Attackと較べられている理由は、かなりダークなところでしょう。なかなかよい感じです。それだけでなく、2作目はかなりハードに成長しています。わたしとしては、Museを思わせるところもあるかなと思いました。今回は、その激しい路線に加え、現代室内楽グループ(?)であるBalanescu Quartetのストリングスを多用しています。それもなかなか良い出来栄えになってます。

最初に、なぜそれほど売れてないの、という疑問を投げかけましたが、売れるきっかけは十分あったみたいです。わたしが知らないだけで、もしかしたら売れ始めてるのかもしれません。そのきっかけとは、雨後のタケノコのように発生したヴァンパイア・ラブストーリーのなかで成功した "Vampire Diaries"、第一シーズンのフィナーレで、彼らの最初のアルバムの曲、"Bloodstream"(ま、そうでしょう、当然の選曲ですね…こんな感じ)が使われたことです。もう"Vampire Diaries"ともなると新しいものは何もなく、ただのかつてはWBいまはCWチャンネルお決まりの、美しい若者たちが出て来るドラマの1つでしょう。でも正直、このヴァンパイア兄弟2人、ちょっと微妙じゃないですか? いや、TwilightのRobert Pattinsonよりはマシかもしれませんが。原作はえらく馬鹿っぽいです。ドラマは小説に「ゆるく基づいている」らしいですが。ともかくも、「ちょっと自分は人と違ってダークなの」、とか思っている、勘違いティーンエージャーに大うけしている可能性があるんじゃ? と思うのですが、どうでしょう、そこまででもないような。最初のアルバムのメランコリーさが第二作では少な目になったことが理由でしょうか。

ともかく、Shara Wordenを呼んでデュエットしただけで、かなりセンスがいいはず、とわたしは信じてます。頑張ってほしいバンドです。


暗殺

歌詞:Chris James

訳:Gil-Martin

俺たちは上空から探し出す

俺たちは追い詰める

俺たちは自然の変化のあいだを縫って追いかける

風に、雨に刻まれた自然の変化のあいだを

俺たちがお前たちをつけているときもお前は気づかないだろう

俺たちは雷鳴のように突然やってくる、お前が俺たちを目にしたときには

もう遅いんだ


お前の喜びを満たすつもりはない

切って、捕まえて、連れ去って、破壊したくはない

俺たちは、風と雨に刻まれた自然の変化たちの間からやってきた


なぜならその角を曲がったところで待っているものを

お前は止めることができないからだ

なぜならそのすぐそこにあるものを

お前は止められないからだ


音を見つける夢、俺たちは降参しない

俺たちの心を休める音を見つけろ、俺たちはあきらめない

音を見つける夢、俺たちは降参しない

俺たちの心を休める音を見つけろ、俺たちはあきらめない


すぐそこで待ち構えてるものを

お前には止められない


*アーティスト:ステイトレス

 作品:マチルダ

    「アサシネーションズ」

| gil-martin | 音楽 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









http://gil-martin.jugem.jp/trackback/92
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BlogPet
+ amazon.co.jp
+ タグふれんず
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE