Gil-Martinの部屋

Gil-Martinの愛する音楽、感じたことなどなど

***当ブログに掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します***
<< 21世紀に1980年代が蘇る | main | 無政府の暗殺者たち >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
わたしだけの神さまは悪魔?

わたしの愛する――とは言えちょっと最近は新しい愛を燃えさせてくれる材料がないのですが――Depeche Mode、なんといっても一番の魅力はスタイリッシュさです。そしてそれは深い思想だとか主義主張に裏付けされているわけではないので表面的なんですけど、すごくいいところを突いてくるところが憎いのです。

わたしが彼らの虜になったのは、 "Behind the Wheel"のビデオを見たときでした。ああっ、もう、あれはお気に入りのビデオとしてうちの一つとして死ぬまでわたしのリストの中に残るでしょう。白黒のビデオでヨーロッパの片田舎を女の子が乗るスクータの後ろに、David Gahanが乗ってうろうろするあれです。 神父さんが「感心しないな」と苦々しく二人を見るところなんて、本当に素晴らしい。そして"Behind the Wheel"って言ってるのに、通常連想するであろう車に乗ってない。スクータなんです。微妙に外している。君が運転席にいる、君がすべてをコントロールしている、と歌うわりには簡単に降りられちゃいそうです。"little girl"と呼びかける男と女の本当の力関係を示唆していると言えるでしょう。これがアメリカのバンドだったら、キャディラックとかに乗っちゃってハイウェイを走っちゃって、もう本当に強いコントロール好きな女性の言われるがままになってしまうっていう歌になりそうなところです。

そして彼らの歌詞の素晴らしさ。これもまたそれほど深みがあるわけではないのですが、ゴス的価値観(彼らはゴスバンドではないですが)の要所を捉えてます。(キリスト教圏ならではの)反キリスト教的でソフトSMです。もしSMソングを二つ挙げろと言われたら、The Velvet Undergroundのそのものずばり"Venus in Furs"(ザッハー・マゾッホの『毛皮を着たヴィーナス』のことです)とDepeche Modeの"Master and Servant"でしょう。あらら、どちらもMでした。Sの曲はこれから考えてみます。ただ美学的にSは面白くないと思うのとそれほど興味がないのでダメかもしれませんが。

というわけで、まさにぴったりのビデオが出ているので "Personal Jesus"を取り上げてみたいと思います。この曲を聞いたとき、もうまさにDepeche Modeだなあと思ったことを思い出します。そしてJohnny Cashがこれをカバーしたとき、何だか複雑な気になりました。Johnny Cashのバージョンはそれはそれで素晴らしかったのですが、彼が歌うと歌の意味がまったく変わってしまうからです。Depeche Modeの"Personal Jesus"は本当のキリストなんてところからは遠く隔たったお手軽な救いを求め与える福音主義的なキリスト教についての皮肉を歌っています。受話器を取り上げて淋しいんだと相談すると、あなたを救ってあげますよ、なんてのは嘘っぱちでしょ、と言っているわけですよね。ところが、Johnny Cashの歌う方は実はこの嘘っぱちキリスト教を真剣に信じている人の歌だったりします。アルコール中毒の人々、犯罪者の方々が突然、キリスト教に目覚めて「生まれ変わって」しまったりすることがよくありますが、まさにJohnny Cashはそのパターンです。ドラッグ中毒だった彼は突然、信仰を発見してファンダメンタリストのキリスト教信者になります。

その文脈で考えると彼の"Personal Jesus"は、個人的な苦悩、自分の悪癖から起こる苦痛のなかで「自分だけの」神が見つけられるのだ、求めることによってそこに救いはあるのだと言っているのです。勝手に悪癖に陥り、都合良く自分を救ってくれたりする存在を見つけちゃったりするわけです。そんなに神さまがお暇だったりするわけはないと思いますが。

Depeche Modeのほうはそちらからは遠く遠く隔たった曲であると言えます。Depeche Modeのオリジナルの "Personal Jesus"もビデオは素敵です。この頃はDepeche Modeはギターを多用した時期であり、それに呼応するように荒涼とした土地とギラギラしたグロテスクさを組み合わせたイメージをビデオに多用しています。

しかし、今度のStargateのリミックスのビデオでは、Depeche Modeの元々持っている想像力に近いものができています。ずばりイメージは魔女狩り! 魔女裁判で有罪にされたと思わしき少女が橋の上から川の中に浸されています。人々の恰好からすると近代初期の後半辺り、つまり魔女狩りの大流行のさなかです。もっともよくあった処刑方法は熱した油の中に入れられることかと思っていましたが、いろいろな方法があったようです。しかし、この魔女の女の子がロープが切れて川の中で溺れ死んでしまったかと思いきや、空中に浮揚してきます。そして彼女とともに湧き上がった水が熱湯(熱油?)となって人々に降り注ぐというすっきりする(?)結末となっているのです。

リミックスとしては、わたしは実は苦手です、これ・・・。本当のハードコアなDepeche Modeのファンであれば、彼らのすべてのリミックスをそれぞれ入手していなくてはならないんだろうと思うのですが、もともとそれほどリミックスには興味がないのです。なおかつこのStargateのリミックスは・・・安っぽくないですか? (ちょっとためらいがちに言ってます)


自分だけの神さま

歌詞:Martin Gore

訳:Gil-Martin

手を伸ばして神に触れろ

君自身のイエスさまは

君の祈りを聞いてくれて

君のことを気にかけてくれる

君自身のイエスさまは

君の祈りを聞いてくれて

君のためにそこにいてくれる


自分が取り残された気がしてただ一人の

実体を持つ存在のように感じて電話の隣にいるなら

受話器を上げろ

君を信者にしてあげる

二番目の解決法でいいじゃないか

僕をテストしてみてくれ

君が悩んでいることは

告白してくれなくちゃならない

僕が救ってあげよう

僕は許しを与える人間なんだ

手を伸ばして神に触れてみよう

*アーティスト:デペッシュ・モード

 作品:バイオレーター/リミックス2:81−11

    「パーソナル・ジーザス」

| gil-martin | 音楽 | 18:05 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:05 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BlogPet
+ amazon.co.jp
+ タグふれんず
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE