Gil-Martinの部屋

Gil-Martinの愛する音楽、感じたことなどなど

***当ブログに掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します***
<< 世界の終わりにイエスさまと | main | 強く、そしてキラキラと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
我慢の限界――神を失う瞬間

恋愛の歌と宗教の歌が交差することというのはよくあることなんだと、この前の "How Deep Is Your Love?"でしみじみ思いました。キリスト教の最も大切な教義(?)は愛ですから当然のことと言えば、当然のことかもしれません。そこで宗教的なタイトルの歌を取り上げようかとも思いましたが、あまりにも抹香臭くなるのも、ってキリスト教では抹香臭くはなりませんが、宗教色が濃くなるのも避けたいと思い、解毒剤的な歌を。

この前、解散を発表して衝撃を与えたR.E.M.の名曲、"Losing My Religion"です。もう20年前の歌になってしまうのですね。月日が経つのは恐ろしい・・・。この曲は、R.E.M.が本当に("The One I Love"が最初のきっかけだったと言えますが、彼らの名声を確実なものとしたという意味で)メインストリームに躍り出たきっかけのような歌です。Rolling Stone誌の読者投票でも、R.E.M.のベスト1になっています。11月15日には、3曲の新曲が収められた回顧盤Part Lies, Part Heart, Part Truth, Part Garbage 1982-2011が発売されます。

R.E.M.が解散するというのは、その他のどんな有名なバンドの解散よりもショックが大きいニュースでした。多くの有名なバンドが軽く解散して、軽く再結成したりするのに比べて、R.E.M.は長年、ずっと活動し続けてきました。Michael Stipeの圧倒的な存在感がこのバンドの求心力ではありますが、大学時代からの友人たちと少々変化はあったにしても、ずっと一貫したギターを中心とする彼ららしいロックを作り続け、演奏し続けた彼ら、その彼らが解散してしまうというのは、一つの時代が終焉してしまうことでもあります。80年代にはアメリカのR.E.M.、イギリスのThe Smithsという二大カレッジ・ロックバンドが存在したと言えますが、The Smithsが非常に短命なバンドであったのに対し、ずっと活動し続けてくれる安心できる存在だったのです。Michael Stipeがエイズになったとか、死んだとかいう噂はあったりしましたが。二つのバンドとも内省的なボーカルとギターを中心とするサウンドという点で、80年代のロックを代表していたと思います。また、伝統的にヘテロのセクシュアリティをセールスポイントとするロックバンドにおいて、フロントマンのセクシュアリティが曖昧な(おそらくゲイであろう、いや、またはバイセクシュアルであろうなどと噂される)バンドであるということも、この二つの共通点かもしれません。

わたしがやはり彼らの解散に特別の感慨を覚えるのは、わたしにとってのアメリカを形作っていた一つの原型が彼らだったからかもしれません。彼らは、Bruce Springsteenではないし、Bob Dylanではないし、The Beach Boysではない。でもわたしの世代にとって、アメリカのロックはR.E.M.だったし、アメリカのリベラリズムや知性を感じさせるものだったのです。もちろん、彼らの音楽を聴き始めたときには、Michael Stipeのセクシュアリティなんてことは考えたこともなかったけれど、彼らの体現しているものというのはわたしのアメリカ観において根底をなすものでした。

Michael Stipeが「カミングアウト」を茶化したビデオはこちらから。このページではやたらめったら怒っている人のコメントが多いですが、セクシュアリティを公言することに大きな重きを置いている人が多いということでしょう。ということは、それほど自分のセクシュアリティをアイデンティティの根本として考えている、またはそういう考えを認める人が多いということでもあります。もちろん、それはゲイであることに対する偏見・迫害が根強いためにある立場ではあるわけですが、セクシュアリティにこだわればこだわるほど、セクシュアリティが「普通」であることに重きを置いている人たちの考え方を補強することにもなるのです。理想的には、別にどっちだって構わない、どう思われようと構わないという世界こそが、セクシュアリティに本当の自由がある世界のはずです。

Michael Stipeの皮肉は、現代社会におけるセクシュアリティの重さを茶化しているものです。彼がゲイだと公言しないこと(どちらかと言えば「クィアだ」と言っているそうです)、またセクシュアリティについて長い間明言しなかったことを卑怯だと怒る人々は、ゲイは虐げられた「人種」なのだから戦うべきだ、という考えを持つ人なのでしょう。現在、ゲイの人々に対する差別が厳然として存在することを考えると、この立場は正しくないとは言えません。しかし、そこに留まっていてはいけないのです。彼の認識はその次の段階にあるのです。

R.E.M.の代表曲の一つと言える、"Losing My Religion." タイトルからすると通常、信仰心を失った瞬間を歌った歌と思われがちです。わたしもそんな風に思っていました。保守的キリスト教の影響力の強い南部出身ではあるけれど、カレッジ・ロックの代表的な存在で、しかも枯葉剤(Agent Orange)を題材にした"Orange Crush"というシングルもある彼らは、信仰心を失った瞬間を歌う曲があっても当たり前だというイメージがありますから。しかし、これは実際の信仰心を失うことを言っているのではないそうです。"losing one's religion"というのは、南部の表現で「我慢の限界」、または「キレる」のことを言うらしいです。もう神なんか信じられなくなりそう、ということなんでしょうが、もう少し踏み込めば、キレると通常のマナーを失ってしまって、神を冒涜する言葉を発してしまうから、とも言えなくもないかもしれません。この言葉の意味を誤解している人は、アメリカ人にも多くいるみたいです。

この歌について、Michael Stipeは「強い執着心に取りつかれた恋についてのポップソングを書きたかった」と言っているようです。その例として、The Policeの"Every Breath You Take"を挙げています。"Every Breath You Take"とは簡単に言えばストーカーの歌ですから、この曲も深淵な個人の信仰心の悩みではなく、思い詰めた恋の歌ということですね。


まだ若いR.E.M.の姿が見られるビデオはこちらから

やはり南部出身で、父親が牧師であり、神に対する疑問を歌うこともあるTori Amosのカバーは、もちろん「信仰心を失うこと」を歌っていると考えるほうが妥当です。そのライブはこちらから


我慢の限界

歌詞:R.E.M.

訳詞:Gil-Martin


ああ、人生は大きい

君ひとりよりも大きい

そして君は僕じゃない

僕がどこまで頑張るか

君の眼の中に僕の努力が映っている

ああ、言い過ぎてしまった

そこまで自分を追い込んでしまった


その隅にいるのが僕だ

その隅でスポットライトを浴びているのが僕だ

今、まさに我慢の限界に達しようとしている

なんとか平静を保とうとしている

でもできるかどうかわからない

いや、言い過ぎてしまった

十分言葉では表現できていない


君が笑っているのが聞こえた気がしたんだ

君が歌っているのが聞こえた気がしたんだ

君が努力してくれるのを見た気がしたんだ


すべてのささやき

起きている間のすべてのささやき

僕は全部を打ち明けているわけではない

君を見張ろうとしているんだ

傷ついて道を見失い、目の前が真っ暗になった愚か者のように

ああ、言い過ぎてしまった

墓穴を掘ってしまった


考えてみてくれ

考えてみてくれ、今世紀最大のヒントだ

考えてみてくれ、このちょっとした失敗を

それが僕を屈服させて、失敗に追い込んだ

もしこれらのファンタジーが全部

地面に渦巻いていたとしたら

ああ、言い過ぎてしまった


君が笑っているのが聞こえた気がしたんだ

君が歌っているのが聞こえた気がしたんだ

君が努力してくれるのを見た気がしたんだ


でもそれは全部夢だった

ただの夢だったんだ


その隅にいるのが僕だ

その隅でスポットライトを浴びているのが僕だ

今、まさに我慢の限界に達しようとしている

なんとか平静を保とうとしている

でもできるかどうかわからない

いいや、言い過ぎてしまった

十分言葉にはできていない


君が笑っているのが聞こえた気がしたんだ

君が歌っているのが聞こえた気がしたんだ

君が努力してくれるのを見た気がしたんだ


でもそれは全部夢だった

努力して、泣き叫ぶ、どうして、と。努力してみて

それはただの夢だった

ただの夢


*アーティスト:R.E.M.

作品:アウト・オブ・タイム

   「ルージング・マイ・リリジョン」

| gil-martin | 音楽 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:58 | - | - |









http://gil-martin.jugem.jp/trackback/87
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BlogPet
+ amazon.co.jp
+ タグふれんず
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE