Gil-Martinの部屋

Gil-Martinの愛する音楽、感じたことなどなど

***当ブログに掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します***
<< PJ Harvey !!! | main | 過去の栄光、現在の余裕 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ケーブル三昧
ブログを書かなくなってからほぼ一年経ったわけですが、その理由の一つはケーブルを入れたことでした。テレビっ子になってしまったのねん。いや、コンピュータの前以外でする仕事が増えたということもあるのですが。

アメリカと同じくケーブルでは同じ番組が何度も繰り返されて放映されていますが、地上派のように何時ごろにはどの局も同じ傾向の番組になるのではないところが好き。元々はアメリカで見ていた番組の続きを見たくて加入したのですが、この前のにも書いたようにLater with Jools Hollandという素晴らしい音楽番組が見られるという思わぬおまけもありました。これはホントにいい番組。すっごーくお奨めです。

前置きは長くなりましたが、日本のケーブルでは英米のドラマを字幕と吹き替えの両方でやってます。気になるのは字幕(というか、吹き替えは元々の俳優さんの声とのギャップが気になって、副音声だけで見てるから知らないのですが)。字幕の翻訳って、字数制限もあるから、耳で聞こえてくることとの間に誤差が生まれるのは当然なのですが、結構気になります。日本の視聴者に限られた字数で意味を伝えるという意味で元と違っていて当然とは思うものの、やっぱり間違いかもなあというのも時々ある。それを誰にも話せないのがつらい……。ケーブル人口って意外に低いのですよ、わたしの周りには。

これは間違いだろうなあ、と思うのは、Dexter『デクスター』のある一部分。重要な場面じゃないから、間違いでもいいとは思うんだけど。Dexterは、Showtimeで放送されている番組だから、日本にいて得したなあと思います。アメリカでHBOShowtimeなどのプレミアムケーブルを見ようと思うと、普通のケーブルにプラスアルファで払わなくてはなりません。HBOを見てる友達は1ヵ月に100ドルくらい払っていると言ってました。1ヵ月テレビに100ドルって、ねー。Dexterは原作があるだけあって、凝った筋なのにつじつまあわせではない、と感じさせる、秀逸な第一シーズンでした。アメリカでは第二シーズンが始まったみたいです。Six Feet UnderのMichael C. Hallが全く違うキャラクターを演じきっていて、彼の俳優としての力量を感じさせます。
Dexter: Complete First Season (4pc) (Ws Ac3 Dol)
Dexter: Complete First Season (4pc) (Ws Ac3 Dol)

ともかく気になっていたのは、Dexterが妹、Debraに刑事になったお祝いとしてサボテンをプレゼントする部分。「わざわざ買ってきてくれたの!」と喜ぶDebraに、「いやいや、swapmeetに行ったついでに買ったんだよ」と言った趣旨のことをDexterが答えます。でも字幕では「沼で拾ったのさ」のようなことが書いてありました。沼って……。swapmeetと言うのはフリーマーケットのことですが、実際にDexterがswapmeetに行っている場面があったことからすると訳をそのまま字幕にしていいんじゃないかと思うし、サボテンは当然沼には生息できませんから、その不自然さを考えると、swapmeetをswampと間違えたのかなあという気がしないでも。二回目にその放送を見たとき、変わってないかなあと思いましたが、変わってませんでした。

もう一つ最近、気になったのは、人気番組Friends『フレンズ』のコマーシャル。さまざまなコメディ映画でお馴染みの俳優、Greg Kinnearがゲスト出演した回で、Rossの恋人のCharlie (Aisha Tyler)の元恋人という設定だったのですが。彼がRossの研究助成金の審査委員ということで、CharlieにGreg Kinnear演ずる彼の好きなものをRossが訊ねます。Charlieは、"He has the latex fetish"と言うのですが、「コンドームフェチよ」と言う訳が画面に出てます。

…そんなものはないのと思うんです。いや、あるのかもしれませんが。"latex fetish"と言えば、SMやらボンデージですよね。ピッチピチの服ともいえない服を着るアレ。あ、また怪しいトラックバックを惹きつけることを書いてしまった……。でもこの場合、それは今一つ視聴者に伝わりづらいと思ったのかどうか、コメディなので翻訳者の意図は不明です。笑いどころが伝わらなければコメディの目的は果たせないし、ジョークを説明するほど情けないことはないですもんね。
フレンズ X(ザ・ファイナル) コレクターズセット
フレンズ X(ザ・ファイナル) コレクターズセット

こんなつまらないこと、わざわざ書くほどのことでもないけど、誰かに言いたくても言う人がいないのですー。同じテレビを見ている人がいないんだもん。あー、こんなこと書いてごめんなさい。
| gil-martin | つれづれ | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:54 | - | - |









http://gil-martin.jugem.jp/trackback/80
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BlogPet
+ amazon.co.jp
+ タグふれんず
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE