Gil-Martinの部屋

Gil-Martinの愛する音楽、感じたことなどなど

***当ブログに掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します***
<< Death by Water | main | 頂上からふもとまで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
妄想のパリ
"Beautiful Boyz" by CocoRosie

さてさて、(わたしにとっては)新しい音楽のレビューです。なんだかすごく変な人たち、CocoRosie。見た目も結構変わってます。なんていったらいいんだろう。2005年発売の彼女たちの二枚目のアルバム、Noah's Arkのジャケットの裏にある写真では、二人とも、一時期、Gwen Stefaniが流行らせた(?)女性用ポンパドールみたいな髪型をしています。アルバムのジャケットも、一目見るとメルヘン、もう一目見るとすごく変。というか、ちょっと変態です。こういうジャケットのアルバム、普通は買わないんだけど。
Noah's Ark
Noah's Ark
CocoRosieはSierra RoseとBianca Leilaniという姉妹のグループです。どうやら生い立ちを読んでみると、両親は父、スピリチュアリスト、母、芸術家・教師ということになっているので、多分、ヒッピー/ニューエイジ系の両親なんでしょう。Biancaの方はネイティブ・アメリカンの伝統的生活めいたことも経験していると言っています。アメリカ人の二人はパリで音楽活動を始め、こんな不思議な音楽を作り始めました。ジャンルとしてはトリップ・ポップ、アート・フォークとかそういう感じ。
彼女たちのウェブサイト
彼女たちのレコード会社のウェブサイトはこちら
ビデオを見るにはこちら。"Noah's Ark"
オーディオのみ。 "La Maison de Mon Reve"
同じくオーディオのみ。 "Noah's Ark"
(ところでこのレコード会社 Touch&Go、気になるアーティストがかなりいます。 ! ! !(Chk Chk Chk)とかPinbackとかShannon Wrightとか。一気に有名になったYeah Yeah Yeahsもここなんですね。これらのバンドのオーディオ、ビデオもそのサイトから聴けます)

今日、取り上げるこの"Beautiful Boyz"はキャバレー風。ゲストのボーカルがAntony & the JohnsonsのAntony。この人のせいなのかもしれませんが、なんとなくこの曲、Marc Almondっぽいです。歌詞もそういう感じがします。このAntony & the Johnsonsも聴いてみたいところですね。Antony & the Johnsonsのサイトはこちらから

Marc Almondのイメージと言いましたが、歌詞内容やらCocoRosieの二人がパリで活動しているということを考えると、ジャン・ジュネの世界というほうが適当でしょうか? パリの退廃。といってもわたしは一度もパリには足を踏み入れたことはありません。万が一、わたしが実際にパリに行っても経験することはないだろうパリのイメージです。裏パリ(?)。街娼がいて、スリがいて、浮浪者のアル中(どんなものか見たこともないし飲んだこともないけど、アブサンを飲んで欲しいところ)、ヤク中が底辺の生活をする街。『ポン・ヌフの恋人たち』みたいな世界。でもやっぱり『泥棒日記』というほうがふさわしいかな。
泥棒日記
泥棒日記
ジャン・ジュネ, 朝吹 三吉

原詩はこちらから

美しい男の子たち
作詞: CocoRosie
訳:Gil-Martin

美しい男の子たち
美しい男の子たち

娼婦の子として
父の顔を知らずに生まれ
当たり前のように彼は孤児になった
ああ、彼はなんて美しいみなしごだったことか
そして彼は少年院に送られ
10歳のときに最初の輝かしい栄光を手にする
尼僧から盗みを働いて捕まったのだ
そして彼の愛の物語が始まった

30年彼は放浪し続けた
鳩の羽根を持った悪魔の子
足を踏み入れたすべての国で
監獄へと放り込まれた
ああ、彼はなんと監獄を愛したか
ああ、なんと監獄は恐ろしくも美しいところか

彼の最大の愛は成就した
純粋なるロマンスには誰も文句のつけようがない
天使のようなならず者と聖なる者たち
天使のようなならず者と聖なる者たち

美しい男の子たち
女衒に、ホモ、罪深いオカマたち
美しい男の子たち
船の刺青と涙の刺青

美しい男の子たち
女衒に、ホモ、罪深いオカマたち
美しい男の子たち
船の刺青と涙の刺青

*アーティスト:ココロジー
 作品:ノアズ・アーク
    「ビューティフル・ボーイズ」

| gil-martin | 音楽 | 20:37 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:37 | - | - |
はじめまして。
CocoRosieで検索していて、こちらにたどりつきました。
"裏パリ"のイメージ。
たしかにその感じかも。
Touch&Go所属のアーティストには、自分も好きな人が多いです。
| 沙香@【女性ミュージシャンを2.1倍】 | 2006/07/05 6:37 AM |
沙香さま
コメントありがとうございます。サイト拝見させてもらいました。とても興味深いですね。楽しみにしています。

CocoRosieはやっぱり変なグループだと思います。かなりメジャーを狙えそうな人たちの多いTouch&Goのなかでは、異端かも。
| Gil-Martin | 2006/07/06 11:12 PM |









http://gil-martin.jugem.jp/trackback/52
禁断の少女世界に遊ぶ
TBありがとうございます ご来訪記念にブックマークさせていただきました
| 微動電信 | 2006/04/15 12:44 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BlogPet
+ amazon.co.jp
+ タグふれんず
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE