Gil-Martinの部屋

Gil-Martinの愛する音楽、感じたことなどなど

***当ブログに掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します***
<< またまたDavid Cronenberg | main | 今さらだけど『バッド・エデュケーション』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ちょっとオバサマ風小言
最近、気になること(オバサマ風と書いて、オバサマと言い切らないところがミソか?)。

世の中にブログが溢れるようになって(って自分もその一人だけど)、校正されてない活字を眼にする機会が増えましたよね。ブログを書いてみて思うのですが、一応、わたしは下書きはするものの、アップした後で少なくとも二、三の変換間違いやら単なる間違いがあって、ひゃー、これ誰か読んじゃったかなあ、恥ずかしいっ、と思って急いで直すのですが、堂々と間違えたままにしている人も多い。気づかないとか、見直さない、忙しいとかと言う理由もたくさんあるとは思うのですが、もともと間違えている人もいることでしょう。割と読者の多そうなブログなのに、アップされて少々時間が経っているらしい記事でも、誰も指摘しないのか間違えたままになっている。みな頭のなかに広辞苑があるわけではないし、自分の周りにも「おやおや、本当にあなた日本語が母語なの?」と言いたいくらい国語が死ぬほど苦手だったらしい日本人もいるので、この一億総ブロガー状況では日本語の間違いがネット上に氾濫するのも当たり前と言えば、当たり前だけど、すごく単純な間違いだと結構気になります。

古くはワープロ、今は当然コンピュータ(のワープロソフト)で文章を書くようになり、初めて自分の文章が印刷された活字になったのを見たときのことを覚えている人はわかってくれると思いますが、手書き文字と活字のインパクトは相当違う。自分の親族や友人のものすごい当て字や仮名遣いで書かれた手書きの手紙を読んで、フフフフッ、と思うのと、ネット上で他人の堂々たる当て字や仮名遣いを日常的に見るのには大きな差があります。活字というものには、潜在的に正当性を主張している部分があると思うのです。小さい頃から間違って揺れのある表記を学ぶ若い人たちは、何が正しいのか混乱するのじゃないでしょうか。

だから、わたしもちゃんと襟を正して、変換間違いや言葉の間違いにもっと気をつけたいと思います。(なので、もしご覧になっている方、間違いを見つけたら、すぐさまprofileのところからわたしにメールしてください。訂正します!)。

いろいろ小うるさく言ってみたものの、いちばん気になるのは、すごく単純な「こんにちは」という表現。「こんにちわ」って書いている人がネット上ではわんさかわんさかいるんですね。この「わ」が何だか気持ち悪くて。意図的なのかもしれませんが、それならなおさらのこと。解読しようとするたびに「イーーーーーッ!」って叫んでしまいそうになる、女子高生たちの書く小文字いっぱいの文体と同じように感じてしまうのです。わたしってちょっと間抜けで馬鹿だけど、かわいいでしょ、と主張しているみたいな。「ほわ、ふわ」という語感。かわいいの押し売り(のちょっと控えめバージョン)。もしあなたがあの小文字一杯の発音不可能な表記スタイルに対して違和感を感じていて、もし自分は「ちょっと間抜けで馬鹿だ」というキャラクターを主張したくないのにこの仮名遣いをしているのだったら、考え直してください。わたしはあなたに「こんにちわ」と書かれるたびに、そういう人だと思っています。

二つ目。敢えて言います。すごく少数派です。恐ろしく大胆なことを言います。今、現代女性にはやっているシャギーがたくさん入っている髪型、あれ、わたしにはmulletに見えるんです。コレ。基本的には前と横はショートなのに、後ろだけ梳いた髪がドローンと長い髪型です(今の若い日本女性の場合、横の髪は短くないと思うけど、でも似てる)。これはアメリカでは田舎もんの代名詞です。カントリー歌手(ということは日本で言えば、演歌歌手)の髪型です。ずっと昔はカントリーじゃないけど、Richard Marxって歌手もいました。顔デカでした。Mulletをからかうサイトもたくさんあります。こちら→1. 2. 3. 4. そして衝撃のHalle Berryのmullet!(合成です)

もともと意図されているように、髪全体にちゃんとカールがかかっていて素敵にふわふわしている場合は女の子らしくてかわいいなあと思うのですが、パーマッけがないまっすぐとか少々のくせ毛の場合、まさにmulletです。この髪型の人はいつも素敵にくるくるセットしてください。お願いです。そうでなければ、袖の部分を端処理せずに切り取ったデニム生地のベストを強制的に着せたくなります。そして、言っちゃいけないけど、「あなたこういう人を目指してるの?」と訊きたくなります。絶対、十年後、この髪型をしている自分の写真を見て、後悔するはずです。ま、誰でも後で当時の流行の髪形や洋服を身につけている自分を見て、恥ずかしくなるんですけどね。

そして、かなり昔からあったこの批判についての反論です。電車のなかでお化粧していたり、何かを食べたりする人への苦言。今どきの若い人は、若い女性は、という批判の一環として、よく言われています。羞恥心が失われていっている、とかってね。でも、東京に帰ってきて気づきました。電車のなかで、羞恥心がないのは、常識がないのは、公共の場にいるという意識が著しく欠如しているのは、若い女性よりも多くの場合、スーツを着た(いや、着てなくても)中高年の男性です! まず、お下品なスポーツ新聞。若い女性が電車のなかで化粧していることが、他人をちゃんとした人間として意識していないとか、品格がないとかかんとか批判する方々! 公共の場所で、若い女性がそのすぐそばにいるにもかかわらず、巨乳水着またはヌードの写真を堂々と人目にさらすオジサマはどうなのですか?(ところで、日本のグラビアモデルってのは、自然派巨乳の価値が高いためか、少々緩くないですか? お腹周りのぷよぷよ感とか? ……いや、わたしも引き締まっているわけではないですが。ついつい中吊り広告のグラビアアイドルのお腹辺りをジーッと診てしまいます)。あのオジサマたちは、彼らの周りにいる人間たち、特に女性たちを人間として認知し、常識をわきまえた行動をしているのでしょうか? 

そして、そういうオジサマ方の、人前に出すことが許されそうもない身だしなみ。加齢臭だとか呼ばれるようになったそうですが、本当に臭います。多くのオジサマ方。口臭でしょうね。タバコのせいもあるかもしれません。歯磨きをする、歯医者に行く、ガムを噛む、など様々な対策があります。ご存知でしょうか? 本当に周りに人がいること、わかってますか? 気づいていますか? あなたのすぐそこに他の人間がいて、否応なくかがされているんですよ、あなたのニオイ。そして、なぜ? というようなところから、毛を生やしている方々。一刻も早く処理してください。お願いです。

電車のなかでお化粧する女性のほうが身だしなみを整えている(その最中)と言う点で、整えることなど夢にも思っていない人々に較べたら、ずっとずっとましです。昔から女性の身だしなみやらマナーはうるさく言われるのに、まだまだ男の人は好き勝手し放題なんですね。チョイ悪オヤジとかなんとか言ってますが、お洒落の前にすることが山ほどある人のほうが多いですよね。とんでもなくダサくてもいいです。臭くなきゃ。汚くなきゃ。変なところから毛が生えてなきゃ。お願い!

でも、一応同情に値することがあるとすれば、おそらくオジサマ方は老眼になっておられて、自分の姿があまり見えなくなっているということがまず一つ。もう一つは、愛の欠如。人生の伴侶たるべき女性が、彼らの姿をよく見てくれてないんですね。「あなたのことは隅々まで好き――どこを見ているかよくわからない細い眼も、このちょっとたるんできた頬も……あらっ、あなた、剃り残しがあるわよ、いやぁだー」ってなことがないんでしょう。そう考えると小汚くて臭いオジサマも少々許せるか……いや、許せん

そして、オジサマよりも少々若めの方に多い気がするのですが、道路上につばを吐く人。あれ、何? なんでつばが湧いてくるんですか? いつもレモンとか梅干とか思い浮かべながら街の中を歩いているんですか?

あーあ、ぐちぐち書いちゃった。自分のなかのエネルギー量が低下してて、ネガティブな方向に突っ走ってるんですね、わたし。もっと元気出して、愛する音楽について書けるようにしなくちゃ。
| gil-martin | つれづれ | 21:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:28 | - | - |

「こんにちわ」と書いているかもしれません!
え?どっちだっけ?と、真剣に悩んでいます(笑)。
私、コンビニ・ファミレスの言葉遣いは気になっても、
文章には気がまわりませぬ。。。反省。









| ママロック | 2006/04/07 11:25 PM |
ママロックさま
そうなのです。あまりに巷に溢れているので、あれ、どっちだったっけ、って思うくらいになってるのです。落ち着いて考えれば、「こんにちは」だってわかるんですけどね。
でも、あまり細かいことにメクジラを立てていると、小皺が? わたしの場合、眉をひそめることが多いので注意です。
| Gil-Martin | 2006/04/08 12:11 AM |









http://gil-martin.jugem.jp/trackback/43
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ BlogPet
+ amazon.co.jp
+ タグふれんず
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE